銀河通信銀河通信社はアーティスト小林健二監修により、科学と融合したアイテムを主に製作しております。当社アイテムのメディア情報、小林健二展覧会情報、当社アイテムの部品変更のお知らせなどをご紹介予定です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
夜光結晶育成キットー期間数量限定 "Pinky Orange" 16:12
0

    *終了しました。ありがとうございました。

    [夜光結晶育成キット"Pinky Orange"]¥2,700(税込・送料無料)

    2018,12/8-2019,2/15の冬季フェア期間の特別アイテムです。

    ピンク色の母岩からサーモンピンク色の結晶が育ち、その後オレンジ色に発光します。1週間から10日前後で約5cmに成長。用意するものは熱水・ハサミとタオルです。

     

    内容部品:夜光結晶の素A+B(白い粉)とC(小瓶に入った赤色の液体)・育成容器(フタ付き)・攪拌用スプーン・ピンクの母岩・紙コップ・説明書

     

    夜光結晶

     

    *作業の途中までは、当社の通常アイテム[夜光結晶育成キット(青く結晶が発光するタイプ)]と同じです。

    結晶育成キット

    紙コップ(二重になっていてテープで取っ手がついているもの)の黒い線まで熱水を注ぎ、その後[結晶の素A]を入れてスプーンで攪拌し、粉を溶かします。紙コップが倒れないように抑えながらするといいでしょう。

    結晶育成キット

    結晶育成キット

    溶液の中に母岩(ピンク)を沈め、容器に入れて蓋を閉めて、段ボールのパッケージに入れ、文化鋲で閉めて約1日置きます。

    結晶育成キット

    結晶育成キット

    一日経ったら蓋を開けて、容器の中の紙コップを出して溶液のみ容器に移します。

    夜光結晶

    ピンクの母岩の周りに結晶が付いていますね。

    タオルの上で紙コップに放射状にハサミで切れ目を入れ、それを割いて行きます。

    夜光結晶

    夜光結晶

    紙コップの底に出来たつぶつぶの結晶を取り除きます。この時にタオルの上から抑えるように折っていくと上手く作業が進みます。

    夜光結晶

    このような状態です。これをゆっくり成長させて行くのです。

    夜光結晶

    残った紙コップの黒い線まで熱水を注ぎ、[結晶の素B]を全量入れてスプーンで溶かし、その溶液を容器に入れて最初の溶液(結晶の素Aを使用したもの)と混ぜます。その後[結晶の素C(赤い液)]を入れて軽く混ぜ、赤色の育成溶液を作ります。

    そしてその溶液中に上の結晶をスプーンに乗せて容器中央に入れます。

    夜光結晶

    容器の蓋は開けたまま(今度はパッケージには入れません)、これより1週間から10日ほどかけて結晶を大きくしてゆきます。

    容器を置く場所は平面で、温度変化の少ない(窓辺で日光が入ったり、コンロの側などは向きません)環境が適しています。

    夜光結晶

    3日ほど経った状態。だいぶん結晶が育ってきています。溶液から結晶の先端が出てしまったら、それ以上は育ちません。結晶を取り出す目安にしてください。

    夜光結晶

    程よい大きさ(5cmくらいには成長します)になったら、結晶を溶液から取り出しますが、溶液を廃棄(多めの水と共にシンクなどに流します)してから丁寧に取り出すと、結晶の破損がなくていいでしょう。容器の底にも板状に結晶ができているかも知れません。その時はタオルで抑えるように取り除いてください。

    傷などがある手に溶液が触れると、少々しみます。無害ですが溶液が触れたら石鹸などで洗ってください。衣服についた場合も同じです。

    そして仕上がった結晶は約1日、日陰で乾燥させます。

    夜光結晶

    この結晶の楽しみ方は、日光に10分くらい当てて、その後暗闇に移すとオレンジに発光します。これは何度でもお楽しみいただけます。UVライトでも発光しますので、お持ちの方はお試しください。

    夜光結晶

    夜光結晶

    仕上がった結晶は、フィギュアなどを飾るプラスチックケース等、透明なものに入れておくと、ホコリや湿度からも守られ安心です。

     

     

    | 新製品 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
    2018-2019冬季フェアのお知らせ 12:14
    0

      *終了しました。ありがとうございました。

      冬季フェア・2018,12/8-2019,2/14
      この期間にSeason's itemとして、数量限定[夜光結晶育成キット"Pinky Orange"](¥2,500・税抜)と[夜光結晶](¥2,000〜・税抜)をご紹介します。


      キットでは日光の光を蓄えて暗闇でオレンジ色に光る結晶を育成します。
      [夜光結晶]もまた光を蓄えて暗闇に移すと、固有の色彩で発光する結晶です。UVライトでも発光しますのでお持ちの方はお試しください。 
      *数量限定ですので、無くなり次第終了します。また、Season's itemは送料無料です。

      お求めは当社オンラインショップにて!

       

      数量限定品[夜光結晶"Pinky Orange"]¥2,700(税込・送料無料)

      日光の光を蓄えて暗闇で発光する結晶を育成するキットです。ピンク色の母岩からサーモンピンク色の結晶が育ち、その後オレンジ色に発光します。1週間から10日前後で約5cmに成長。用意するものは熱水・ハサミとタオルです。

      詳しい育成方法は当社ブログに後日アップします。

      結晶育成キット

      夜光結晶

      夜光結晶

      [夜光結晶]

      紙箱:4X4cmより(結晶に合わせて手作りし、結晶は発送時の破損を考慮して箱に固定しております)

      価格:2,160円(税込・送料無料)より

      品番は結晶の色の目安で付けています。

      *お楽しみ方法は、箱ケース(マッチ箱タイプ)の後ろを軽く押してカバーから黒い箱を抜き、日光を10分程度結晶にあて、暗闇に移します。結晶の色とは違った光に輝くものもあります。また、UVライトでも発光しますが、日光の時とは違う発光色になるものもあります。1点1点結晶は違います。

      夜光結晶

      夜光結晶

      尚、実際に結晶をご覧になって選ばれたい方(関東近郊にお住いの方など)は、東京駅グランスタ丸の内(神保町いちのいち)で2018,12/1-25まで開催れています[神保町いちのいちクリスマス]にも、発光色や形は違いますが出展しております。

      夜光結晶

      グランスタ丸の内店での展示風景です。*終了しました。

       

       

       

      | フェア情報 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
      銀河通信in [STEAM PARK] 18:02
      0

        *終了しました

        [銀河通信in STEAM PARK]

        2018年10月6日(土)〜8日(月曜・祝日)11:00-19:00

        *最終日は17:00まで

         

        東京新宿歌舞伎町シネシティ広場に開催される[STEAM PARK]に出展します。

        サイトでは紹介していない限定品などのアイテムを会場にて紹介しますので、皆様のご来場をお待ちしております。

        銀河通信社

        銀河通信社

        [Luminous Crystal-夜行結晶]

        パッケージサイズ:40X40X15~35mm

        結晶に日光を10−30分ほど当て、暗闇に移すと発光する結晶です。

         

        会場風景

        steam-park

         

        銀河通信社

         

        銀河通信社

        銀河通信社

         

         

         

         

        | フェア情報 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
        新製品[夜光結晶育成キット] 13:19
        0

          新製品「夜光結晶育成キット-Luminous Crystal Kit(Cluster)」¥2,500(税抜)

          2018年9月初旬より発売を開始予定です。

          パッケージサイズ:125X125XH160mm

          完成結晶サイズ:約70X70XH40mm

          結晶育成キット

          夜光結晶は1週間から10日くらいで完成します。

          仕上がった結晶に1時間くらい日光を当て、その後暗闇に移すと、ほの青く結晶が発光します。

          作業は比較的簡単で、熱水・タオル・ハサミ・冷蔵庫を使用します。

           

          結晶育成キット

          結晶育成キット

          内容部品:結晶の素A+B+C・タネ付き母岩・育成容器・攪拌用スプーン・紙コップ・説明書・(補助として[結晶の素B+])

          結晶育成キット

          1、内容部品を確認しましょう。そして育成容器を置く場所をあらかじめ選んでおきます。そこは温度変化ができるだけ少なく(日が当たる所やコンロのそばなどは避けてください)平面のある場所で、1週間から10日ほど育成するので、その間動かさなくてもいい場所です。

          そして、作業に入る前に、説明書をよく読んでおくことをお勧めします。

          二重の紙コップを止めているテープの色が上の画像では青、この画像では黄色と違いますが、同じものです。

          育成容器(筒状のフタ付きタッパウエア)のフタをあけ、パッキンからタネ結晶を取り出したり、スプーンをパッケージから出したり、重なっている紙コップ(一つは二重のもの、もう一つは一重のもの・共に黒い線が内側に付いています。)を分けたりと、準備をします。

          その間にお湯を沸かしておくといいでしょう。約500ccもあれば十分です。

          結晶育成キット

          2、二重の紙コップ(テープで固定されているもの)の内側の黒い線まで、熱水を入れます。画像では電気湯沸かしポットを使用していますが、ヤカンに水を入れコンロで沸かしてもいいです。

          結晶育成キット

          3、その中に[夜光結晶の素A(白い粉)]を全量注ぎ入れます。この時に粉がダマになっていたら、開ける前に指などで押して砕いておきます。熱水に注ぎ入れる時に勢いよく入れると、お湯が跳ねて危険ですので気をつけましょう。

          結晶育成キット

          4、撹拌用のスプーンで白い粉をよく溶かします。1-2分程度で溶けると思いますが、ここでも勢いよく混ぜるとお湯が跳ねるので気をつけてください。必ず片方の手で紙コップを固定して倒れないように注意しましょう。

          結晶育成キット

          5、[夜光結晶の素A(白い粉)]が溶けたら、そこにタネ結晶を撹拌用のスプーンに乗せて入れます。溶液の中でタネ結晶が転んだり、紙コップの底の角の方に置かれたら、スプーンで中央に戻したり転んだものを直してください。

          結晶育成キット

          結晶育成キット

          6、二重の紙コップにテープで作った取手(2つ付いています)をそれぞれ両手でつまみ上げ、育成容器に差し入れていきます。この時に傾いて溶液がこぼれないように注意しましょう。

          結晶育成キット

          7、そして育成容器にフタをして、キットが入っていたパッケージに入れます。

          結晶育成キット

          結晶育成キット

          8、その後、文化鋲の糸をそれぞれのノッチに巻くようにして、パッケージのフタを閉め、あらかじめ選んでおいた育成のための場所に約1日静かに置きます。

          結晶育成キット

          *文化鋲(ぶんかびょう)とは、段ボール箱の蓋を閉める時に再生可能にするためのもので、二つの丸い輪(ノッチ)を使用します。片方の輪に付いている紐をもう片方の輪に巻いて引っ掛けて、固定するものです。

          結晶育成キット

          9、約一日経ったら、文化鋲で閉じておいたパッケージのフタを開け、中の育成容器を取り出します。この時あまり傾けて中の溶液が溢れないように注意しましょう。そして育成容器のフタを開けて[夜光結晶の素C(小瓶に入っているもの)]を全量、タネ結晶の上に振りかけます。

          結晶育成キット

          10、育成容器のフタを閉め、今度は冷蔵庫(冷凍庫ではない!)に約1日入れます。この時も冷蔵庫の中で倒れてしまわないように注意しましょう。

          *通常、冷蔵庫は約5度前後の設定になっています。育成環境が5度前後の寒い場所でしたら、冷蔵庫に入れる必要はありません。あらかじめ選んでおいた場所で、パッケージに入れて上記のように1日ほどおきます。

          結晶育成キット

          11、1日程経ったら冷蔵庫から育成容器を取り出します。この時も傾けて中の溶液がこぼれないように注意してください。そしてフタを開けて紙コップを取り出し、溶液のみを育成容器に移します。

          結晶育成キット

          12、タネ結晶の入っている二重の紙コップを、ハサミで図のように7-8本くらい

          切り目を入れて行きます。

          結晶育成キット

          13、その後タオルの上で放射状に紙コップをさいて行きます。多分このように、真ん中に少し大きくなったタネ結晶、そしてその周りにつぶつぶの結晶の塊ができていると思います。(環境により多少出来具合は変わります)

          *[レモン水晶育成キット]でも同じ作業がありますので、経験されている方は簡単かもしれません。

          結晶育成キット

          14、中央のタネ結晶(母岩付き)と、それ以外のつぶつぶの塊とをタオルの上で分けます。

          結晶育成キット

          結晶育成キット

          15、今度は一重の紙コップの黒い線まで熱水を入れ、そこに[夜光結晶の素B(白い粉)]を全量注ぎ入れ、撹拌用スプーンで1-2分混ぜて溶かします。注意点は熱水によって火傷をしないように白い粉を乱暴に入れない事、激しく攪拌しない事、そして紙コップが倒れないように抑えておく事です。この時使用した紙コップは後ほど使用する可能性があるため、まだ捨てないでください。

          結晶育成キット

          16、[夜光結晶の素B]を溶かした溶液を、育成容器に足し、そこに取り出したタネ結晶を入れます。ここからはフタを開けて育成します。画像は2日ほど経った様子。少し育っています。

          結晶育成キット

          17、環境にもよりますが、結晶の成長が早くて1週間もしないうちに育成溶液の水面ギリギリまで育ってしまう場合もあります。溶液から出てしまったらもう大きくなりません。こんな時は補助としてキットに入っている[夜光結晶の素B+]を使用します。

          結晶育成キット

          18、15の要領で紙コップの黒い線まで熱水を入れて、[夜光結晶の素B+]を全量入れ、スプーンで混ぜて溶かします。その後この溶液を育成溶液に足します。そうすると水面が上がって結晶の頭が水面から出てしまう恐れはなくなります。この作業は15の時に行い、すでに溶液の水量を増やしておくこともいいでしょう。

          結晶育成キット

          19、画像は1週間くらい経った状態で、結晶が伸びています。完成状態は本人の好みですので、溶液から結晶の頭が出てしまわない限り育成を続けることはできます。

          結晶育成キット

          20、完成と思ったら、溶液から結晶を取り出してタオルの上などにおきます。そして日陰で1日ほど乾燥させましょう。

           

          [夜光結晶の楽しみ方]

          結晶育成キット

          銀河通信社

          夜光結晶を楽しむ方法は、仕上がった結晶に日光を30分から1時間くらい当てます。その後暗闇に移すと結晶が青く光ります。光が薄らいできましたら、再び日光に当てましょう。そして薄暗い場所に移すとほの青く光ります。この作業は何度でもお楽しみいただけます。ただし、この時に落として結晶を壊してしまわないように注意しましょう。せっかく育てた結晶ですので大切にしてください。

          普段はフィギュアなどを飾るプラスチック製の箱にしまっておくと、埃や湿気から結晶が守られて安心です。

           

           

           

           

          | 新製品 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
          2018,8/28-9/2[手作り博]に出展します。 17:12
          0

            *終了しました。

            銀河通信社

            2018年8月28日(火)ー9月2日(日)10::00-21:00

            *最終日は10:00-17:00

            東京渋谷西武A館 7Fの催事場「東京渋谷手作り博」に出展します。

            当社では9月中旬より販売を開始します、新製品「夜光結晶育成キット(Luminous Crystal(Cluster)¥2,500(税抜き)]を数量限定で会場にて先行販売いたします。

            その他、オンラインショップではご紹介していないアイテムを展示販売しますので、ご来場いただければ幸いです。

             

            銀河通信社銀河通信社

             

            主催:amulet

             

            | フェア情報 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
            過冷却現象について 12:37
            0

              本来なら、一定の条件下で結晶化が起こるべきであるところが、結晶化しない場合があります。

               

              当社製のキットでは「硝子結晶育成キット」や「透明結晶育成キット」において、説明書にある進行で一日経過後、容器の育成溶液中に、母岩(天然石)にタネ結晶がこのように出来ているはずです。

              季節や条件により、幾分出来具合は違ってきますが、この母岩にできた小さな結晶を溶液中で約1−2週間かけて育成していくキット内容になっています。

              しかし、一日経って蓋を開けても、下記画像のように変化が、起こらない場合があります。

               

              熱水にキット内の結晶の素となる物質を溶かし育成溶液とするのですが、ゆっくりと水温が下がることによって結晶化していくのが本来の状態です。

              しかしながら、過冷却現象と言って、結晶化が起きないことがあります。

               

              そんな時は、当社製の結晶育成キットにおいては、1、小さな結晶の粒を母岩に落とし込んでやる方法と、2、強制的に育成溶液の水温をもっと下げてやる方法をお勧めしております。

               

              この夏の猛暑続きにより、地域によりますが、育成溶液の水温は1日経過してもあまり下がらないようです。

              2の方法は、容器に巻いた保温用のタオルを取り除き、容器の蓋を閉めたまま冷蔵庫(冷凍庫ではありません)に半日から1日ほど入れてください。冷蔵庫は一般的には5度前後の設定になっていると思います。

              その後、容器を取り出して、結晶のタネが出来ているか確かめてください。

              お時間に余裕がある方で1の方法を選ばれる場合は、直接当社までご連絡ください。小さな結晶の粒を無料にてお送りします。

               

              info@aoiginga.com

              | 研究資料など | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
              小林健二個展[ー朝の硝子ーMorgonglaz] 08:55
              0

                *終了しました。

                [ー朝の硝子ーMorgonglaz]

                小林健二展 2018年3月28日(水)〜4月16日(月)

                火曜日休廊 10:00-20:00

                *4月7日(土)午後5時より 小林健二を囲んで(予約不要・無料)

                 

                YAMAGUCHI Gallery

                 

                 

                小林健二作品

                小林健二作品

                春の要素が風に運ばれ、良い香りがしはじめる。

                すると ついさっきまで置いてあった壜や皿やコップなどの虚ろな隙間に

                朝のひかりが充蓄されて硝子のような姿を顕してゆく。

                小林健二

                 

                保存保存

                保存保存

                | 小林健二展覧会情報 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
                [池袋Naturalis Historiaのクリスマス]12/5-25に出展しています。 14:35
                0

                  *終了しております

                  2017,12/5-25の期間中に、池袋ナチュラルヒストリエに特設されたBOXたちが、順次に開いていくという企画です。

                  当社のBOXは12/12の18:00にオープンしました。

                   

                  東京都豊島区南池袋1-28-1西武池袋本店 書籍館4階(03-6894-1202)

                   

                  どの箱がいつ開くかは秘密のようで、SNSなどでその日に告知されるとのこと。

                  すでに当社の箱は空きましたので、お知らせします。

                  小林健二・銀河通信社

                  内容は革製の手帖と下記のアイテムが含まれます。

                  価格:8,000円(税抜き)

                  秘密手帖の栞・鉛筆・メモ・少年少女周期表・モールス信号表・鉱石ラジオの略式記号・水色糖・宇宙香・虹色変光鏡・カルカンサイト(小林健二自作結晶)・ice cite(小林健二自作結晶)・鉱物塗り絵・鉱物ポストカードセット5枚(地球に咲くものたち)撮影:小林健二・土星シール・土星レイヤーカード(以前当社でフェア期間のプレゼントとして使用したカードとは別のものです。)

                  銀河通信社・小林健二

                  「秘密手帖の栞」には、心の中の少年少女に向けた小林健二のメッセージと、鉱石ラジオや結晶育成のヒントなどが小林健二のイラストとともに紹介されています。

                  *数量限定ですのでなくなり次第終了となるそうです。

                   

                   

                   

                  | フェア情報 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
                  2018年度の小林健二作品カレンダーを販売。 14:26
                  0

                    当社製品の監修をしておりますアーティスト小林健二の作品カレンダー2018年度版が、Gallery TSUBAKIより発行されております。

                    当社でも送料無料にて販売しておりますので、お知らせです。

                    小林健二作品

                    サイズは200X125mmで、透明なプラスチックホルダーで束ねられていて、後ろの板紙は壁掛けと机などでの立てかけ用と、両方をお楽しみいただけるようになっております。

                    小林健二作品

                    ホルダーの右側の枠とりは、カレンダー部分に日程など書き込めるような工夫です。

                    小林健二作品

                    一月ごとに作品が違うので、表紙と合わせて作品点数は13点となります。

                    その月をイメージするように作品が選ばれていて、例えば八月は涼しげな結晶作品になっています。

                     

                    | 小林健二作品の紹介 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
                    冬季期間数量限定2017,12/1-2018,2/28[ピンク・トワイライト結晶育成キット] 16:46
                    0

                      冬季期間数量限定ー結晶育成キット「ピンク・トワイライト結晶育成キットーPINK TWILIGHT CRYSTAL KIT」

                      2,800(税抜き)円

                      [パッケージサイズ]12X12XH20cm

                      [完成サイズ]約8X8xH4.5cm

                      *数量に限りがありますので、なくなり次第終了となります。

                      結晶育成キット
                       

                      赤い種結晶を覆うように淡いピンクの結晶が成長し、母岩にもキラキラとした結晶ができます。約三日で仕上がり予定です。

                      名前の由来のように、中央の結晶が幾重にも色彩がうつろって見えます。上から見ると三角錐(ピラミッド型)の結晶が育成できます。

                       

                      結晶育成キット

                      [内容部品]

                      結晶の種付き母岩・結晶の素(淡いピンクの粉)・育成容器・攪拌用スプーン・水温計・保温用発泡スチロールの板2枚・ポリエチレン製手袋

                      *パッケージの箱は育成するときに使用するので捨てないでください。

                      結晶育成キット

                      紙コップの黒い線まで熱水を入れ、そこに「結晶の素(ピンクの粉)」を注ぎ入れます。このとき粉が固まっていたら指で押してほぐしておきます。

                      結晶育成キット

                      お湯が跳ねないようにゆっくり粉を溶かします。多分完全には溶けないで紙コップの底に粉が残っている状態になりますが、気にしないで作業を進めます。

                      結晶育成キット

                      水温計の白い帯を先端まで押し上げます。外れてしまったら上から差し込むのでも問題ありません。

                      そして溶液に水温計を差し込みます。このとき赤いメモリは一番上まで上がります。

                      結晶育成キット

                      溶液の水温を冷まし、水温計のメモリが白い帯の下のところまでくるのを待ちます。季節によって下がるスピードが違うので、特に寒い時期は冷めるのが早いので、よく観察します。

                      結晶育成キット

                      水温計のメモリが白い帯の下部分まできたら、種付き母岩の入っている育成容器に溶液を移します。この時はうわすみ溶液のみ移します。紙コップの底には溶けきらなかった粉が残っているはずです。そして溶液は容器の周り(種結晶に直接溶液が当たらない方がいいでしょう)から注ぎ入れてください。紙コップは再利用するので捨てないでください。

                      結晶育成キット

                      このような状態になります。母岩は容器にゴム状のもので軽く固定されています。

                      結晶育成キット

                      容器のフタを閉め、パッケージ(底に白い発泡スチロール板が引いてあります)に入れます。

                      結晶育成キット

                      その上にさらに白い発泡スチロール板を載せます。つまりパッケージの中で育成容器の上下を発泡スチロール板で挟む形になります。

                      結晶育成キット

                      あまりゆらさないようにしながら、パッケージのフタを文化鋲(丸い茶色の輪に紐を回してしめます)で固定します。

                      約一日このまま置きます。縦長のパッケージなので、倒さないように注意しましょう。

                       

                      結晶育成キット

                      約一日経ったら、パッケージを開け、容器の蓋を外して溶液を紙コップに戻します。このときに母岩が外れて落ちそうになったら、攪拌用のスプーンなどで軽く押さえましょう。

                      結晶育成キット

                      容器から種付き母岩を取り出したところです。母岩は白いゴム状のもので軽く固定されているだけなので、ポリエチレン製の手袋をはめて回しながら容器から外します。種結晶が大きくなり、母岩にもキラキラした結晶の粒ができていると思います。このときにできるだけ種の部分には触れないようにしましょう。

                      結晶育成キット

                      容器を綺麗にします。容器の底にも結晶の粒ができています。熱水を少し注ぎスプーンでほじるように回すと取れると思います。そうしたら、液ごと廃棄しますが、このとき白い粘土はそのままにします。普通に台所のシンクに流して問題ありません。

                      容器の余分な水気をタオルなどで拭き、白い粘土の上に母岩を軽く押すようにして固定します。

                      その後紙コップに戻しておいた育成溶液の上すみを注ぎ入れます。

                      結晶育成キット

                      移し終わった紙コップの状態です。今度は赤い線まで熱水を入れ、底に残っていて溶け切らなかった粉をスプーンで溶かしていきます。すぐに溶けるでしょう。そして今度は全量を育成容器に入れ、白い容器の蓋をしめて、パッケージに戻し、発泡スチロール板を載せてパッケージの蓋を文化鋲で止めで、約一日置きます。

                      結晶育成キット

                      二日目の状態です。

                       

                      最初に説明書をよく読んでから作業を始めてください。説明書がモノクロのため、このブログはあくまでも画像参考までに掲載しております。この後、電子レンジをお持ちの方用にもう一回育成して大きくする方法を説明書に記載しておりますが、あまり重ねると種結晶が母岩のキラキラした結晶に埋没していってしまいます。好みですが、上記の2回(二日)の育成で綺麗に仕上がると思います。

                       

                      仕上がった結晶は水分をティッシュなどで拭き、日陰で一日ほど乾燥させます。そしてフィギュアなどを入れる透明ケースに入れて保管すると、展示も楽しめます。

                       

                       

                       

                       

                      | フェア情報 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
                      << | 2/9 | >>