銀河通信銀河通信社はアーティスト小林健二監修により、科学と融合したアイテムを主に製作しております。当社アイテムのメディア情報、小林健二展覧会情報、当社アイテムの部品変更のお知らせなどをご紹介予定です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
[透明結晶]育成のヒント 15:18
0
    銀河通信社製[透明結晶育成キット]は比較的大きめの結晶を育成できます。容器の高さがガラス結晶よりもあるため、環境にもよりますが、縦方向に群晶が伸びていきやすいのです。

    今回は育成開始して最初に種結晶ができた後(約1日後)の処理(裏技)をご紹介します。
    clear-crystal
    [透明結晶の素(白い粉)]を全量熱水で溶かし、母岩を入れた状態。説明書に書いてあるようにフタをして保温用のタオルで容器の周りを巻き、1日おきます。
    clear-crystal
    1日経ってフタを開けるとこのように母岩に種結晶ができていると思います。
    clear-crystal
    横から見た状態。容器の底にもびっしりとできていますね。
    clear-crystal
    別の容器(金属製以外)に溶液のみを、このように移します。今回は母岩が動かないほどに最初の種結晶ができているため、そのまま傾けて注いでも問題ありませんが、母岩が動いて注いでいる最中に落ちてしまうようであれば、キットに入っていたポリエチレン製手袋をして軽く押さえながら作業してください。
    clear-crystal
    溶液のみ移し終えた状態。
    clear-crystal
    乾いたタオルを種結晶を折らないように軽く押し込みます。
    clear-crystal
    逆さまにします。この時、テープルにもタオルを引いておくと、余分な溶液が垂れてきて濡れないので、いいかもしれません。
    clear-crystal
    容器の底が上になった状態で、そこの中央部分を指で軽く押します。両手で作業した方がいいでしょう。
    clear-crystal
    このように容器の底と母岩が外れて取り出せます。
    clear-crystal
    タオルで包むようにして、母岩以外にできた結晶を折るように外していきます。
    clear-crystal
    余分な種結晶を外した状態。
    clear-crystal
    そして再び容器に戻して、溶液を注いで育成を開始します。1日目で容器と母岩とを外しておかないと、最終的に育成が終了してからではどんどん結晶が育って行くため、取り外すのが難しくなります。せっかく綺麗に結晶ができても、無理に容器から外そうとすると壊れてしまい、残念な思いをしてしまうでしょう。ですので、1日目の作業は大切になってきます。
    clear-crystal
    取り外した種結晶は、溶液が少なくなった時に足すことができるよう、保管しておきましょう。
    その時は、熱水を50ccくらいこの容器に入れ、混ぜて(完全には溶けません)1日置いてから足します。


     
    | 研究資料など | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>