銀河通信銀河通信社はアーティスト小林健二監修により、科学と融合したアイテムを主に製作しております。当社アイテムのメディア情報、小林健二展覧会情報、当社アイテムの部品変更のお知らせなどをご紹介予定です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
夜光結晶育成キットー期間数量限定 "Pinky Orange" 16:12
0

    [夜光結晶育成キット"Pinky Orange"]¥2,700(税込・送料無料)

    2018,12/8-2019,2/15の冬季フェア期間の特別アイテムです。

    ピンク色の母岩からサーモンピンク色の結晶が育ち、その後オレンジ色に発光します。1週間から10日前後で約5cmに成長。用意するものは熱水・ハサミとタオルです。

     

    内容部品:夜光結晶の素A+B(白い粉)とC(小瓶に入った赤色の液体)・育成容器(フタ付き)・攪拌用スプーン・ピンクの母岩・紙コップ・説明書

     

    夜光結晶

     

    *作業の途中までは、当社の通常アイテム[夜光結晶育成キット(青く結晶が発光するタイプ)]と同じです。

    結晶育成キット

    紙コップ(二重になっていてテープで取っ手がついているもの)の黒い線まで熱水を注ぎ、その後[結晶の素A]を入れてスプーンで攪拌し、粉を溶かします。紙コップが倒れないように抑えながらするといいでしょう。

    結晶育成キット

    結晶育成キット

    溶液の中に母岩(ピンク)を沈め、容器に入れて蓋を閉めて、段ボールのパッケージに入れ、文化鋲で閉めて約1日置きます。

    結晶育成キット

    結晶育成キット

    一日経ったら蓋を開けて、容器の中の紙コップを出して溶液のみ容器に移します。

    夜光結晶

    ピンクの母岩の周りに結晶が付いていますね。

    タオルの上で紙コップに放射状にハサミで切れ目を入れ、それを割いて行きます。

    夜光結晶

    夜光結晶

    紙コップの底に出来たつぶつぶの結晶を取り除きます。この時にタオルの上から抑えるように折っていくと上手く作業が進みます。

    夜光結晶

    このような状態です。これをゆっくり成長させて行くのです。

    夜光結晶

    残った紙コップの黒い線まで熱水を注ぎ、[結晶の素B]を全量入れてスプーンで溶かし、その溶液を容器に入れて最初の溶液(結晶の素Aを使用したもの)と混ぜます。その後[結晶の素C(赤い液)]を入れて軽く混ぜ、赤色の育成溶液を作ります。

    そしてその溶液中に上の結晶をスプーンに乗せて容器中央に入れます。

    夜光結晶

    容器の蓋は開けたまま(今度はパッケージには入れません)、これより1週間から10日ほどかけて結晶を大きくしてゆきます。

    容器を置く場所は平面で、温度変化の少ない(窓辺で日光が入ったり、コンロの側などは向きません)環境が適しています。

    夜光結晶

    3日ほど経った状態。だいぶん結晶が育ってきています。溶液から結晶の先端が出てしまったら、それ以上は育ちません。結晶を取り出す目安にしてください。

    夜光結晶

    程よい大きさ(5cmくらいには成長します)になったら、結晶を溶液から取り出しますが、溶液を廃棄(多めの水と共にシンクなどに流します)してから丁寧に取り出すと、結晶の破損がなくていいでしょう。容器の底にも板状に結晶ができているかも知れません。その時はタオルで抑えるように取り除いてください。

    傷などがある手に溶液が触れると、少々しみます。無害ですが溶液が触れたら石鹸などで洗ってください。衣服についた場合も同じです。

    そして仕上がった結晶は約1日、日陰で乾燥させます。

    夜光結晶

    この結晶の楽しみ方は、日光に10分くらい当てて、その後暗闇に移すとオレンジに発光します。これは何度でもお楽しみいただけます。UVライトでも発光しますので、お持ちの方はお試しください。

    夜光結晶

    夜光結晶

    仕上がった結晶は、フィギュアなどを飾るプラスチックケース等、透明なものに入れておくと、ホコリや湿度からも守られ安心です。

     

     

    | 新製品 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
    新製品[夜光結晶育成キット] 13:19
    0

      新製品「夜光結晶育成キット-Luminous Crystal Kit(Cluster)」¥2,500(税抜)

      2018年9月初旬より発売を開始予定です。

      パッケージサイズ:125X125XH160mm

      完成結晶サイズ:約70X70XH40mm

      結晶育成キット

      夜光結晶は1週間から10日くらいで完成します。

      仕上がった結晶に1時間くらい日光を当て、その後暗闇に移すと、ほの青く結晶が発光します。

      作業は比較的簡単で、熱水・タオル・ハサミ・冷蔵庫を使用します。

       

      結晶育成キット

      結晶育成キット

      内容部品:結晶の素A+B+C・タネ付き母岩・育成容器・攪拌用スプーン・紙コップ・説明書・(補助として[結晶の素B+])

      結晶育成キット

      1、内容部品を確認しましょう。そして育成容器を置く場所をあらかじめ選んでおきます。そこは温度変化ができるだけ少なく(日が当たる所やコンロのそばなどは避けてください)平面のある場所で、1週間から10日ほど育成するので、その間動かさなくてもいい場所です。

      そして、作業に入る前に、説明書をよく読んでおくことをお勧めします。

      二重の紙コップを止めているテープの色が上の画像では青、この画像では黄色と違いますが、同じものです。

      育成容器(筒状のフタ付きタッパウエア)のフタをあけ、パッキンからタネ結晶を取り出したり、スプーンをパッケージから出したり、重なっている紙コップ(一つは二重のもの、もう一つは一重のもの・共に黒い線が内側に付いています。)を分けたりと、準備をします。

      その間にお湯を沸かしておくといいでしょう。約500ccもあれば十分です。

      結晶育成キット

      2、二重の紙コップ(テープで固定されているもの)の内側の黒い線まで、熱水を入れます。画像では電気湯沸かしポットを使用していますが、ヤカンに水を入れコンロで沸かしてもいいです。

      結晶育成キット

      3、その中に[夜光結晶の素A(白い粉)]を全量注ぎ入れます。この時に粉がダマになっていたら、開ける前に指などで押して砕いておきます。熱水に注ぎ入れる時に勢いよく入れると、お湯が跳ねて危険ですので気をつけましょう。

      結晶育成キット

      4、撹拌用のスプーンで白い粉をよく溶かします。1-2分程度で溶けると思いますが、ここでも勢いよく混ぜるとお湯が跳ねるので気をつけてください。必ず片方の手で紙コップを固定して倒れないように注意しましょう。

      結晶育成キット

      5、[夜光結晶の素A(白い粉)]が溶けたら、そこにタネ結晶を撹拌用のスプーンに乗せて入れます。溶液の中でタネ結晶が転んだり、紙コップの底の角の方に置かれたら、スプーンで中央に戻したり転んだものを直してください。

      結晶育成キット

      結晶育成キット

      6、二重の紙コップにテープで作った取手(2つ付いています)をそれぞれ両手でつまみ上げ、育成容器に差し入れていきます。この時に傾いて溶液がこぼれないように注意しましょう。

      結晶育成キット

      7、そして育成容器にフタをして、キットが入っていたパッケージに入れます。

      結晶育成キット

      結晶育成キット

      8、その後、文化鋲の糸をそれぞれのノッチに巻くようにして、パッケージのフタを閉め、あらかじめ選んでおいた育成のための場所に約1日静かに置きます。

      結晶育成キット

      *文化鋲(ぶんかびょう)とは、段ボール箱の蓋を閉める時に再生可能にするためのもので、二つの丸い輪(ノッチ)を使用します。片方の輪に付いている紐をもう片方の輪に巻いて引っ掛けて、固定するものです。

      結晶育成キット

      9、約一日経ったら、文化鋲で閉じておいたパッケージのフタを開け、中の育成容器を取り出します。この時あまり傾けて中の溶液が溢れないように注意しましょう。そして育成容器のフタを開けて[夜光結晶の素C(小瓶に入っているもの)]を全量、タネ結晶の上に振りかけます。

      結晶育成キット

      10、育成容器のフタを閉め、今度は冷蔵庫(冷凍庫ではない!)に約1日入れます。この時も冷蔵庫の中で倒れてしまわないように注意しましょう。

      *通常、冷蔵庫は約5度前後の設定になっています。育成環境が5度前後の寒い場所でしたら、冷蔵庫に入れる必要はありません。あらかじめ選んでおいた場所で、パッケージに入れて上記のように1日ほどおきます。

      結晶育成キット

      11、1日程経ったら冷蔵庫から育成容器を取り出します。この時も傾けて中の溶液がこぼれないように注意してください。そしてフタを開けて紙コップを取り出し、溶液のみを育成容器に移します。

      結晶育成キット

      12、タネ結晶の入っている二重の紙コップを、ハサミで図のように7-8本くらい

      切り目を入れて行きます。

      結晶育成キット

      13、その後タオルの上で放射状に紙コップをさいて行きます。多分このように、真ん中に少し大きくなったタネ結晶、そしてその周りにつぶつぶの結晶の塊ができていると思います。(環境により多少出来具合は変わります)

      *[レモン水晶育成キット]でも同じ作業がありますので、経験されている方は簡単かもしれません。

      結晶育成キット

      14、中央のタネ結晶(母岩付き)と、それ以外のつぶつぶの塊とをタオルの上で分けます。

      結晶育成キット

      結晶育成キット

      15、今度は一重の紙コップの黒い線まで熱水を入れ、そこに[夜光結晶の素B(白い粉)]を全量注ぎ入れ、撹拌用スプーンで1-2分混ぜて溶かします。注意点は熱水によって火傷をしないように白い粉を乱暴に入れない事、激しく攪拌しない事、そして紙コップが倒れないように抑えておく事です。この時使用した紙コップは後ほど使用する可能性があるため、まだ捨てないでください。

      結晶育成キット

      16、[夜光結晶の素B]を溶かした溶液を、育成容器に足し、そこに取り出したタネ結晶を入れます。ここからはフタを開けて育成します。画像は2日ほど経った様子。少し育っています。

      結晶育成キット

      17、環境にもよりますが、結晶の成長が早くて1週間もしないうちに育成溶液の水面ギリギリまで育ってしまう場合もあります。溶液から出てしまったらもう大きくなりません。こんな時は補助としてキットに入っている[夜光結晶の素B+]を使用します。

      結晶育成キット

      18、15の要領で紙コップの黒い線まで熱水を入れて、[夜光結晶の素B+]を全量入れ、スプーンで混ぜて溶かします。その後この溶液を育成溶液に足します。そうすると水面が上がって結晶の頭が水面から出てしまう恐れはなくなります。この作業は15の時に行い、すでに溶液の水量を増やしておくこともいいでしょう。

      結晶育成キット

      19、画像は1週間くらい経った状態で、結晶が伸びています。完成状態は本人の好みですので、溶液から結晶の頭が出てしまわない限り育成を続けることはできます。

      結晶育成キット

      20、完成と思ったら、溶液から結晶を取り出してタオルの上などにおきます。そして日陰で1日ほど乾燥させましょう。

       

      [夜光結晶の楽しみ方]

      結晶育成キット

      銀河通信社

      夜光結晶を楽しむ方法は、仕上がった結晶に日光を30分から1時間くらい当てます。その後暗闇に移すと結晶が青く光ります。光が薄らいできましたら、再び日光に当てましょう。そして薄暗い場所に移すとほの青く光ります。この作業は何度でもお楽しみいただけます。ただし、この時に落として結晶を壊してしまわないように注意しましょう。せっかく育てた結晶ですので大切にしてください。

      普段はフィギュアなどを飾るプラスチック製の箱にしまっておくと、埃や湿気から結晶が守られて安心です。

       

       

       

       

      | 新製品 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
      新製品[檸檬水晶育成キット]のお知らせです。 16:20
      0

        秋から春にかけては、結晶育成に比較的適していますので、是非お楽しみ下さい。11/17より発売を開始いたします。

        檸檬水晶育成キット

        [檸檬水晶育成キット-LEMON CRYSTAL KIT] 2,500(税抜き価格)円

        レモン色の透明結晶が母岩の上に群晶となって育ち、約1週間ほどで約6-7cmほどの高さになります。

        ご用意いただくのは、ハサミやタオル、熱水です。

        檸檬水晶育成キット

        内容部品:母岩・育成容器・紙コップ・攪拌用スプーン・発泡スチロールの板・結晶の素(白い粉)・結晶の素2(オレンジ色の液体)・説明書

        パッケージサイズ:170X120X120mm

        仕上がり結晶サイズ:約60X60X70mm

         

        作業の前に説明書を読んでおくことをお勧めします。

        最初は紙コップに熱水と「結晶の素(白い粉)」を入れててよく混ぜ、母岩を沈め一日おきます。

        *24時間以上は置かないようにします。理由は紙コップはラミネート加工してありますが、継ぎ目から溶液が漏れ出てくる恐れがあるためです。

        紙コップの底に母岩についた結晶ができています。紙コップをこのようにハサミで切りめを入れて、四方に広げて、結晶ができた母岩をい取り出します。

        檸檬水晶育成キット

        檸檬水晶育成キット

        檸檬水晶育成キット

        檸檬水晶育成キット

        ここで母岩以外にできた種結晶を取り除く作業ですが、無理にしなくても問題ありません。

        理由としては、母岩の上にできた種結晶も一緒に外れてしまう可能性もあります。

        様子を見て判断してください。

        檸檬水晶育成キット

        上の画像は母岩以外の結晶を外した状態です。

        檸檬水晶育成キット

        二日めからは容器での育成になります。

        檸檬水晶育成キット

        4日目です。少しづつですが結晶が大きく成長してきています。

        容器の中で成長していきますが、底にびっしりできてしまうと、今度は取り出すときに大変ですし、その時に結晶を壊してしまう恐れもあるため、仕上がりの大きさは、そのあたりを考慮しながら溶液から取りだしてください。

         

        [檸檬水晶育成キット]は[湖水晶育成キット]と同様に、作業の手順がそれほど難しくありません。

        育成のヒントなどは、今後気がついた時点でアップしていく予定です。

         

        | 新製品 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
        新製品[ダンマル樹脂による天然由来のニス製作キット] 12:05
        0

          ダンマル樹脂(フタバガキ科の樹木より得られる樹脂です)/容器/抽出用の袋/アルファ+ベータピネン/ポリエチレン製手袋/説明書2,500円(税抜き価格)
          約80ccできます。当社製結晶育成キットで育てた結晶の保存のため、結晶の表面に塗ったり、木製品などの保護のために塗ったりします。あるいは絵画の保護ニスとして絵の具が完全に乾いた表面に塗ることもできます。革製品や布などフレキシブルな素材には向きません。
           
          | 新製品 | comments(0) | - | posted by 銀河通信社
          | 1/1 |